一番は自分自身を整えることから。母乳育児ママが大切にしておいて欲しいこと


こんにちは。

健康で美しくなれる

ナチュラルフードをこよなく愛する

工藤万季(@makikudooo)です。

 

 

年が明けてから、マグ美もスクールへ行き始め、

私も仕事の時間が増えたことで仕事スイッチも長めな日々。

そうなるとどうしても時間が惜しくて、

食事もチャチャッと済ませる内容が雑になりますね(笑)

とは言っても発芽発酵玄米や重ね煮、麹漬けしておいたお肉など

NL Diet(ナチュラルライフダイエット)に沿ったもの。

 

私もそうですが、妊娠中や母乳育児中のママにとって

食事は母乳&子供への影響が大です。

ただ”食べるものがどう”というよりも、

それによって”体がどうなるか”

というところにも目を向けてみましょう。

 


腸の状態が母乳にも影響大


多くの赤ちゃんは母乳で育ちます。

大事な我が子の為にも母乳の質はとても大切ですよね。

(もちろん色んな状況によって出来ない場合もあるので、

それが絶対だとは思っていません。)

 

母乳はママが食べたものや胃腸の状態によって質が変わります。

子供は母乳から栄養を摂るわけですから、母乳の質が悪いと、

子どもにも影響してしまうのです。

 

食べるものも非常に大切ですが、

もっと大切なのはママの胃腸の状態。

現代人は「リーキーガット」といって、

腸壁に穴が空いてしまっている人が多いのです。

リーキーガットを引き起こすその理由と現代の小麦の現状。小麦を選ぶなら古代小麦を。

 

何が問題かと言いますと、その穴から流れてはいけないものが

どんどん血中に流れて全身を巡ることです。

 

これでは母乳にも不必要なものがいっぱいになっちゃいます。

そうするとアレルギーやアトピー、皮膚疾患、

免疫低下に繋がって様々な不調を引き起こすのです。

ママがリーキーガットだと、

子供もリーキーガットである可能性は高いです。

子どもの胃腸が完全に完成するのは8歳くらいなので

特にそれまでは不要なものが外に漏れやすいのです。

 

私も以前まではリーキーガットでした。

胃腸の状態も悪く、栄養素も吸収されてない体だったのでしょう。

なので学生の頃は太らなかったんだな〜って今になって分かりました。

肌荒れもすっごくひどかったですからね・・。

 


母乳育児ママが特に気をつけて欲しいもの


もし今、お子さんが何らか不調で悩んでいる、

またはご自身に不調がある方は

まず「糖」「油」に気をつけて欲しいです。

 

母乳をあげているとママは栄養をかなり持っていかれます。

私も以前、メタトロン(波動測定器)を受けた時、

「骨が溶けてる〜」っと言われました。

ちなみに昔の方は十分に栄養が取れなかったため、

歯が溶けてボロボロになっていたそう。

こういう場合、一時的にサプリで補うのはありです。

しかし、品質には気をつけて頂きたいです。

安価なものは添加物が多く、余計に代謝を落としかねません。

実際のところ市場に出回っているもので質の良いものはないようです。

また、いいものはやはり高いので続けにくいですよね。

なので高価なサプリを取る前に、まずはできることから。

 

・質のいい糖をしっかり取ること。

・PUFAを減らすこと。

からはじめましょう。

 

サポートとしてポメオパシーのレメディTS-21もオススメ。

レメディは子どもの熱や鼻水、咳など不調が起きた時のサポートにもなるので、

ママさんはポメオパシーがどんなものか勉強してみるといいですよ。

マグ美は鼻水がドロドロ出ていた時期にこれのおかげでスッと治まりました。

 


母乳トラブルなしの私の食事


マグ美を出産してから1年9ヶ月。

一度も母乳トラブルなく過ごせているのは、

やはり食事を整えているのも大きいでしょう。

私の普段の食事は少しの手間はかけてますが、いたってシンプル。

 

平日は仕事をしているので、週末に仕込みをしています。

取り寄せた鶏ガラからた〜っぷりスープを作り、

お肉を麹や玉ねぎに漬け込んだりしています。

鶏がらスープは液体なので消化に負担がかからず、

腸にも優しく、良質なアミノ酸として美容にもマストな食材。

作るのには多少の手間がかかりますが、

皆さんにもこれは家にストックしてて欲しいなぁ、

と言えども忙しいとなかなかできないよね〜。

なんて思ってたら商品化したいな〜!

と新たなアイデアが湧いてきましたよ♡笑

 

食事を大切にしていると必然的に他もよくなってくるんです。

母乳に繋げると、乳首も一つの組織で皮膚。

皮膚がやわらかい人は心も柔らかい。

全ては繋がっています。

 

母乳育児で乳首が切れたりして痛くて悩んだりしていませんか?

いくつかお悩み相談をいただくことがあって。

乳首が硬いことで傷がつきやすくなってトラブルが起こることが多いようです。

私は引っかかれて切れっちゃったことはりますが、

吸われていてトラブルにはなったことはありません。

これは何でかと言いますと、私の乳首の伸びってすごいから。

ビヨ〜ッンてゴムみたいに伸びるのですが、

常に柔らかく伸びやすい状態にしてあげるようにしています。

 

体質によってもともと皮膚が固めな人もいるので、

そんな人はよりケアも必要ですね。

顔にお手入れるするのと同じようにね♡

 

私がケアをする時は、フゥ〜っと呼吸をしながら、

オイルとフローラルウォーターを塗り込んでいます。

さらにマッサージも大切です。

まだ産まれて間もなければまだ硬いので、

よりマッサージして柔らかくしてあげましょう。

以前定期的にきて頂いていたおっぱいマッサージの助産師さんには、

「いつもふっわふわね〜」と

お褒めの言葉もいただいておりました。

 

乳首が痛くて母乳育児が辛くなり、

やめてしまうことがないようにしてあげたいですね。

 

食を変えて自分の体もよくなっていき、

母乳の質も安定している私のおっぱいはすごく美味しいと思います♡

なのでマグ美もなかなか乳離れしそうにないなぁ〜(笑)

その為にも日々のケアと食事でのコントロールをしっかりです。

まだまだマグ美のドリンクバー頑張りますよー!

世のママたちも頑張りましょう♡

 


「代謝アップレシピで無理なく、一生スリムな私♡」

のレシピ動画販売中!

詳しくはこちらから。