デトックスをステロイドで抑制?乳児湿疹が出たらどうしますか?


こんにちは。

健康で美しくなれる

ナチュラルフードをこよなく愛する

工藤万季(@makikudooo)です。

 

来月でマグ美も2歳を迎えます。

気付けば今では走り回り、おしゃべりもたくさん。

自我も持ち赤ちゃん時代が懐かしいですね。

 

ありがたいことにこれまでに大きな不調やトラブル等もなく

スクスクと成長してくれています。

最近みなさんからのご相談多いのが乳児湿疹やアトピーのこと。

普段のケアやこういった時の対処などもご質問もあるので

今日は乳児湿疹についてお伝えいしたいと思います。

 


乳児湿疹は自然な反応


そもそも乳児湿疹は、

早い子供であれば生後2、3週間で出てくるようです。

大体の子供は2ヶ月くらいでしょうか。

でも、これはみんな通る道と言ってもいいほど自然なこと。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、

お母さんとお父さんから受け継いだ毒を一生懸命デトックスをします。

そのデトックスの一つが乳児湿疹。

赤ちゃんのはじめのデトックスですね。

 

そうして赤ちゃんは外界で生き抜いていくために

免疫を発動させ戦いながら対応し、成長していくのです。

なので本来は、その時に何もしないまま、

症状を出し切ってしまえば7、8ヶ月ほどで湿疹は消えるものです。

 


湿疹が出る場所にも理由がある


お子さんが乳児湿疹を経験している人はほとんどだと思います。

マグ美も最初はは頭の前の方に。

そして次に、ほっぺたに出てきました。

 

なぜこの場所なのでしょうか?

それにはちゃんと理由があるのです

 

産道を通ってくる時に、初めにたくさん擦り付けられる場所が頭頂部。

そして次がほっぺたですね。

人は元々弱い部分や弱っている部分に症状が出やすいのですが、

そういう刺激のあるところも皮膚の中では弱い部分となり、

湿疹が一番出やすい場所になっています。

・頭頂部

・ほっぺた

・首周り

・鼠径部

・肘や膝の裏

大体がこの辺からで、多くは上から下へと症状も下がっていきます。

 


乳児湿疹悪化による行く末


最近では乳児湿疹が悪化するケースが多くなっているようで、

以前私のところにも下記ような相談がありました。

(相談内容の一部抜粋して引用します)

 

”現在5ヶ月ですが体中がとてもガサガサです。

特にお風呂上がりはとても痒そうでずっとかきむしってます。

頭皮は傷だらけ、足はかさぶたみたいなのが数か所できてしまいました。

皮膚科いってもあまり体を見てもらえずぱっと薬出されただけ…

今はシロップ?みたいなの飲ませてますがあまり効果ありません。

赤ちゃん用のクリームを塗ってあげたりしてますが本当に痒そうで可哀想です。”

 

我が子がこんな風になればとっても心配ですよね。

とてもよく分かります。

私も色々と勉強をして理解をしていたものの、

マグ美の湿疹出た時にはやはり心配でした。

でもここでの手段は

「何もしなくていい」

これが1番です。

 

何も塗らずに放っておくのはママとしても心苦しいとこですし、

周りの目もあるりますよね。

それで結局は皮膚科に行かざるを得ず、

薬を処方され、塗るケースになってしまいます。

しかしこの時に処方されるステロイド塗り続けることの行く末が

「アトピー」です。

 

ご相談してくださった方が心配で病院に行った際に処方された薬が

*サジデンシロップ

*レスタミンコーチゾンコーワ軟膏(強力)

サジデンシロップは炎症を抑えるもの。

軟膏はステロイドも入っています。

 

シロップやステロイドによって症状はもちろん落ち着きます。

しかしどちらも抑圧ということを知った上で使用してもらいたいです。

決して根本的な治癒ではないのです。

できれば使用はしてもらいたくありません。

 

湿疹が出る度にステロイドを塗り、治まったかと思いきや、

再び湿疹が出てステロイドを塗る・・この繰り返しになってしまいます。

そうするとアトピー悪化への一途を辿ることになってしまうでしょう。

 


ママがしてあげること&避けること


心配で何かしたくなりますが、何もしない。見守る。

なかなかできないかもしれませんが、

とても大切なことでもあるのです。

乳児湿疹になるのはいいことだと捉えることも。

せっかくのデトックス、

自分でしっかり排出できる力をつけさせてあげましょう。

 

この時にしてはいけないケア3つ。

①薬を塗ること

②ボディソープを使って洗う⠀

③無理にカサつきを洗う⠀

 

石鹸やボディソープは使わず、

ココナッツオイルを塗ってお風呂に入るのをオススメします。

マグ美はずーっと湯シャンです。

 

しかし何もしないと言っても、

ママは心配ですから何かしたい!ですよね。

そんな時はアロマやハーブ、レメディーなどを

サポートとして使うことも方法としてあります。

 

そして授乳中のママは自身のストレスマネジメントと

食生活を整えること。

もちろん、これからママになる人も。

糖質制限やファスティングやベジタリアンなど、

偏った食生活をやってきた方は見直しが必要ですね。

PUFAフリーで糖をしっかり取ることはお忘れなく。

 

大人になると自然治癒力の復活は時間がかかりますが⠀

子どもは十分に備わっていますので⠀その力を信じ、

食事に気をつけ、愛をたっぷり渡しましょう。

 

お子さんの乳児湿疹で悩んでいるママの不安や心配が

少しでも軽減されますように・・♡

 

 

免疫についてもっと知りたい方は

こちらも読んでみてください。

我が子のために知っておきたい免疫学。薬を使う意味と体で起こる炎症のメカニズム。

 

我が子のために知っておきたい免疫学。薬に頼らずにできるお手当と食養生