母乳育児を始めて2年。西原式育児から取り入れている3つのポイント


こんにちは。

健康で美しくなれる how the resume trends changed

ナチュラルフードをこよなく愛する

工藤万季(@makikudooo)です。

 

 
 4月からのハワイ滞在中にマグ美が2歳を迎えました♡

バースデー当日は、彼の両親と一緒に

ハワイのシーフードレストランでお祝い。

昨年、家族お揃いで買ったアロハシャツ、ワンピースを今年も着ました♡

 レストランでのマグ美さんはいつもと変わらず、

マッシュポテトやおにぎりを食べるくらいで

ロウソクだけフ〜〜〜して、ケーキにも興味なし(笑)

でも、家族みんなでバースデーソング歌って過ごせる

このひと時がなんとも幸せでした・・♡

 

 見せるもの、食べるもの、スキンシップ、家族のあり方で

全てが変わるのだな〜とこの2年で強く感じています。

生まれてきてくれて、たくさんの大切なことを教えてくれてありがとう。

あなたがあなたらしく過ごせるように

ママはいつも心のスペースを空けて、見守るね♡

 

マグ美の成長キロクはまた別の記事で書かせて頂きますが、

今日は西原式育児のお話を。

 

自然の摂理に沿った
西原式育児


みなさん「西原式育児」をご存知でしょうか?

西原式育児法とは生物の進化、生命の原則に基づいた育児法で、

赤ちゃんの進化のリズムに沿い、

赤ちゃんの生理に合った無理のない育児を大切にしています。

 

私も出産する前や出産してから最初の頃は、

育児についてたくさん、た〜くさん勉強していました。

そこで知ったのが西原式育児。

 

自然の摂理に沿った育児というのが

とてもしっくりきていたのもあり、

出産したばかりの当初は得た情報を積極的に取り入れていました。

 

しかし実際は、色々とイレギュラーなことも多く、

マニュアル通りになんていかないもの。

 

出産して1ヶ月を過ぎた頃からは、

私自身が作り上げてしまっていた

ガチガチのマニュアル育児を一旦置いてみることにしました。

その当時の記事がこちらです。

生後1か月。 自然派育児の本当の意味を知った。

 

なのでそれ以降はあまり意識しすぎることなく

育児をして2年が経過していたのですが、

少し前に、私のインスタの投稿に、

「西原式育児のたまものですね!」

とコメントを頂いたんです。

その時、

「あっ、そうだ〜!

私、西原式育児で学んだことたくさん取り入れてる〜」

って思い出しました♡

 


西原式育児から取り入れている
3つのポイント


西原式育児にはいくつかの基本のポイントがあるのですが、

中でも私が意識しているのは、

①早期離乳食をせず、歯が生え揃うまで母乳orミルクで育てる

②冷やさない

③鼻呼吸

この3つです。

 

その他のポイントはこちらをご覧になると、

詳しく記載されています。

http://nishihara-world.jp/2015wp/baby/01_ikuji/

 

出産前から入っていた西原式育児のコミュニティには

現在も入っています。

西原式育児を知り、母乳育児に関しても

なるべく長い期間母乳をあげたいって思っていましたし、

長くあげることに対して全く抵抗がなったの。

実際、今も2歳を過ぎても母乳育児をしていて、

「これが本来の赤ちゃんの姿だな〜」

って感じています。

 

 

西原先生は靴下を履かせると推奨していますが、

それこそマグ美も当初は履かせていましたが、

途中からは靴を履く時以外は履かなくなりました。

その代わりに、夜寝る時や気温が低いなぁと感じる時は

レッグウォーマーを履いてます。

本来人間は、自分で体温調節ができるので、

寒いと感じたら、体は自分で体を温めようとします。

適度な寒さなど、ある程度のストレス環境下にいることで

体もそれに対応するように発動します。

その積み重ねで体も強くなっていくのです。

 

最初は一生懸命履かせていた靴下ですが、

すっごく嫌がるのでいらないんだな〜と感じてます。

もちろん自分で発熱できず、

足先も冷えたりしている場合は、

外からの対処として温めることは大切です。

 


大切なのは目の前の
我が子をみてあげること


「母乳育児をしたいなぁ〜」

「離乳食が早いことに違和感を感じる」

という方は、本もいくつかあるので読んでみると

参考になることたくさんあると思います。

ただ1つ注意してほしいのは、

あくまでも参考にするということ、

頑張りすぎて、”〇〇育児”というものをやりすぎないこと。

ママが頑張り過ぎてそこにとらわれ過ぎると、

かえって子どもが不調になっている

というケースも何度か聞いてます。

 

自分で学んで得た知識や情報を参考にしながら

取り入れてみることはとても素晴らしいことだと思います。

でも一番は目の前にいる我が子をしっかり見てあげる。

そして自分の感覚を信じること♡

 

そのためにも自分自身が整っておくことが

何より必要なんだな〜って実感しています。

私もママ2年生ですし、学ぶことはこれからもたくさん。

そして楽しみもたくさんですね♡♡