ダイエット中でも大丈夫!スリムでいるための外食で後悔しない食べ方と選び方


こんにちは。

健康で美しくなれる

ナチュラルフードをこよなく愛する

工藤万季(@makikudooo)です。

 

 

先週末からハワイに来ています。

ハワイへは何度も訪れていますが、今回は1ヶ月滞在。

家族との時間を有意義に過ごしながら、

合間には仕事もして引き続き暮らすように旅をするスタイルで生活しています。

「暮らすように旅をする」〜旅行先に持っていきたいもの9アイテム〜

旅の後半はスタッフも来て一緒にお仕事するのでそれも楽しみです♪

今回のハワイ生活でも滞在先のキッチンで食事を作り食べることが中心です。

とは言ってもたまには外食も楽しみます。

しかし外食先では私が普段避けている「毒素」になるものもたくさん。

だけどせっかくの外食ですから楽しみたいですよね。

そのためのポイントをいくつかお伝えしたいと思います。

 


無理は一切なし!

一生スリムな外食の掟


私が提唱する一生スリムな外食の掟はとっても簡単!

なんて言ったって注文するものはみんなとあまり変わらないのです。

違うのはこの3つのポイントを押さえておくこと。

 

☑︎酸化しやすいオイル(PUFA)を使う

炒め物や揚げ物は控える

☑︎腹八分目で終える

☑︎出されたパンを全部食べない

 

私がよくお伝えしているPUFA(プーファ)。

これは炒め物や揚げ物に使用されていることがほとんど!

普段の食事からこういったものを控えるだけでもかなり違います。

腹八分目も消化に負担をかけないためにはとても重要。

そして、パンを全部食べない。

フレンチやイタリアンに行くと、

必ず美味しいパンを提供してくださいますよね。

いろんな種類を出してくれるものだからつい欲張ってしまうことも・・

でもこれが太ってしまったり、肌荒れになる原因。

残すのは勿体無いので彼と一つをシェアしてみたり、

一人で全部食べないと言うことも選択に入れておくといいですね。

 

この3つどれも簡単なことだけど、

昔はこれさえもできなくて、

翌日のむくみや肌荒れもひどいものでした。

 

でも今では少しの意識を行動に変えるだけで

後に響かず、後悔なく外食ができています。

心の在り方でひとつ一つの行動が全然違うものになるんです。

 


ダイエット中でも

罪悪感なしの外食メニュー


ダイエット中でもお付き合いもあったりと

外食が避けられないこともありますよね。

私の彼もただいま(緩めの)ダイエット中。

 

先日、私の大好きなイタリア料理のお店に行ってきました。

オーガニックの食材を多く使っているところもお気に入り♡

しかしイタリア料理店でのメニューといえば・・

パスタやピザ。

ダイエット中にも関わらず炭水化物や脂質のオンパレードですね。

そんな時はどうしましょうか?

 

普段であれば週末の嗜好品としてピザやパスタを頼むこともありますが、

彼がダイエットに取り組んでいるので、

ダイエットを意識したものをチョイスしました。

ここで注文したものが、

・生ハムとモッツァレラ+ルッコラ

・ホホ肉の煮込み

・お魚のアクアパッツァ

これらにプラスの工夫を。

こういうお店はまずパンが出てくることが多いですが、

今回は断りました。

生ハムとモッツァレラのようなものは、

ドレッシングがかかっていることが多いのでノンオイルにしてもらいます。

ホホ肉の煮込みは脂分が多いので彼は控えめに食べてもらいました。

そして食後には黒糖を食べる。(食前も食べるとなおさらいい◎)

こんな感じがダイエッターさんにはいいチョイスです☆

 

魚はPUFAリッチなので積極的には食べませんが、

食べる際には丸ごと食べるようにしています。

一物全体とあるように、

お魚は丸ごと一匹食べることで魚の毒性を消します。

 

お肉は骨と一緒に煮込まれたものが最高♡

私も自宅でガラスープや煮込みをよく食べています。

 

イタリア料理は基本的にオリーブオイルを使うことが多いですが、

オリーブオイルはオイルの中でもまだ酸化度が低く、

PUFAリッチ過ぎないのでまだ良いです。

毎日摂る必要はありませんが、

オリーブオイルは舐めて美味しいもんね。

舐めてたっぷり食べられるオイルは適度に摂ると良いでしょう。

菜種油や大豆油、米油、サラダ油などって舐めても

ん〜!美味しい!ってならないですよね?

これはあまり体には必要じゃないってこと。

 

補足ですが、オリーブオイルも酸化は進みますので

なるべく生でいただく方がいいですね。

BHCL STOREで取り扱いしているオリーブオイルは

飽和度の高い良質なオイルです。

 

これを使ったドレッシングレシピを近日公開予定です!

 

 


味覚センサーが狂っていない

子供の選ぶものはシンプル


旅行中の子供のご飯はどうしていますか?との質問も多いのですが、

2歳のマグ美さんの旅行中のごはんは日本と特に変わりません。

 

マッシュポテトとごはん、スープがマグ美のメインごはんです。

マッシュポテトとスープは部屋で作り、

それを容器に入れて持ち運び。日本と変わらない習慣。

プラスチックは使わないので野田琺瑯の容器を使っています。

その他、私が食べてるエビや肉をあげてみたりしてますが、

噛んだり吸い付いたりだけでまだ飲み込みません。

奥歯まで全部生えたら固形物も食べ出すのかな〜と予想しています。

 

あとはパンを食べたいと言ったら食べ、

姪っ子たちが食べてるクッキーを見て食べたいと言って食べていました。

私は自分からは外のお菓子を見せたり渡したりはしませんが、

その時の状況で見た時に食べたいと言われたものはあげています。

内心は嫌な時もありますが、私も嗜好品を食べますから、

子供にはダメというのは理不尽なので

一切ダメと言うことはしません。

本人がやりたいものにNOはしないように心がけています。

さすがにPUFAリッチなフライドポテトは避けて欲しかったので

NOしちゃったけど(笑汗)

家で作るね♡

 

少しの毒を入れることでカラダも強くなるので(風邪と同じ)良しと捉えています。

多少の免疫をつけておかないとこの世の中で暮らせなくなりますからね。

いつも言っていますが、

何かを一切与えない食べないようにして守るのではなく、

毒が侵入してきた時にしっかりと

排出できるカラダを作ってあげることが大切なのです。

 

常にセンサーをクリアにしてあげていると

必要なもの、不要なものも子供自身の体がちゃんと選別してくれます。

なのでマグ美も興味で食べたいと言っても実際食べなかったりするものもあります。

親が食べてるものや飲んでるものを欲しがるので

私がコーヒーと黒糖をよく食べてるのを見て

いつもコーヒーコーヒーと言ってちょっぴり飲んでます。

口に入れて苦い顔してますよ(笑)

 

最近はよくバターをそのまま食べてます。

外で遊んで帰ったあとにバターバターと連呼することも。

とても美味しいみたいで10gくらい(もっと?)食べてるかも。

酸化しづらいオイルはそのまま食べても美味しいですもんね♡

 

世の中には不自然に加工された植物油脂が溢れています。

これが代謝を落とし様々な不調や病気を生むのです。

なので小さい頃からこういったものばかり摂取していると

将来に必ず影響してしまいます。

だからこそママが学び、自らを整え子育てにも生かして頂きたいのです。

 

NLD(ナチュラルライフダイエット)を知ったみんなの未来は楽しみね♡

子どももNLDで育てると子育ても楽にその子らしく成長できるでしょう。

これからは個にスポットが当てられ、個々の特性が

とても大切になってくる時代に突入するので

枠にとらわれずに生きてもらいたいと思います。

 

食事を大切にすることは自分を大切にすることの一つです。

これを伝えることもママとしてやっていきたいことです。

 

ナチュラルライフダイエットのサイトもご覧ください^^

http://nl-diet.com/