食べて良し!塗ってよし!ココナッツオイルの多様な活用法


こんにちは。

健康で美しくなれる

ナチュラルフードをこよなく愛する

工藤万季(@makikudooo)です。

 

油のお話の続きと行きましょうか^^

私がおすすめしている油の中の一つである

「ココナッツオイル」について今日はご紹介します

まずは先に前回の記事を読んでね♪

 

 

ココナッツオイルはどんな油?


large (2)

https://weheartit.com/

ココナッツオイルとは、ココヤシの実から採れるオイルのことです。

同じヤシの油で、パームヤシから採れる

パームオイルもありますが、これとは全く別のものです。

 

前回の記事でも紹介したようにココナッツオイルは飽和脂肪酸。

飽和度が高く酸化しづらいオイルです。

そしてエネルギーとしてすぐ使われるので、

エネルギー消費の無駄使いをせずに

効率の良いエネルギー生産をサポートしてくれます。

 

それだけでなく、多くの作用を持っているココナッツオイル。

・抗菌作用

・抗ウィルス作用

・抗真菌(カンジダなど)作用

・抗炎症作用

・抗酸化作用

・免疫の活性作用

などなど、他にもたくさんございます。

 

そしてその使い方、活用法も多様なんです!!

 


ココナッツオイルの活用は多大


large (1)

https://weheartit.com/

食用、ボディケアなどと色々なシーンで使えるココナッツオイル。

どんなものに使えるのかざっと紹介しますね。

 

【エネルギー補給に】

前述したようにすぐエネルギーとして使用されます。

運動など活動量が多い時には糖を摂ることにプラスして

ココナッツオイルを摂ることで腹持ちも良くなります。

 

【便秘の時に】

排便には水とそこに適度な油も必要です。

便秘やコロコロの乾いた便などの時には

スプーン1杯のココナッツオイルを飲むと良いでしょう。

 

【メイク落とし】

肌にあるメイク(植物油脂)は油で浮かせます。

くるくる〜っとメイクを浮かせ、ティッシュやコットンで拭き取って、

ナチュラル系の石鹸で洗い流せばベタつきも気になりません。

 

【洗顔後のスキンケア】

化粧水のあとにさっと塗るだけ。

肌のバリア機能サポート&ブースターとしても作用します。

 

【ニキビのケア】

オイリーなニキビ肌に油?って思うかもしれませんが、

油が肌に沢山乗っていることで逆に分泌は抑えられます。

分子の小さくて浸透性のあるココナッツオイルはニキビ肌にも◎

 

【日焼け止め代わり】

日焼けでシミができる〜と思いがちですが、

シミは紫外線との酸化による炎症が原因です。

そしてそこに活性酸素やエストロゲンの存在で拡大します。

酸化しづらいココナッツオイルを塗っておくことでガードをしてくれます。

 

【アトピーなどのダメージ肌に】

アトピーなどのガサガサで肌バリアが破壊されている状態の方は

入浴前に塗ることで皮膚表面を保護してくれます。

また、油分のあるところに水分が乗って

余分な角質層や不要なものを剥がしつつ、

肌に潤いは残してくれます。

 

その他にもパックやボディクリームの基材としても使えます^^

 

 

 

Vanillaさんのブログでも活用法を紹介されていたので

参考になりますよ〜♡

https://ameblo.jp/holistetique/entry-12211437858.html

 

 


質は気にしましょう
選ぶ3つのポイント


large

https://weheartit.com/

数年前のココナッツオイルブームで日本でも多く出回っています。

しかし残念なことに質の悪い植物油を水素添加し、

香料を加えたものなどもあるようです。

 

・エキストラバージンであること

・スリランカ産のもの(保存の)

・瓶に保存されている(プラスチック容器は×)

 

まずはこの3つをポイントに選ぶことをおすすめします〜。

ココナッツオイルの香りが苦手な方にも使いやすい

香りのないものもありますよ^^

71XNNm-UScL._SX425_

https://www.amazon.co.jp/

 

あくまでも参考までですので、絶対にこれを使いましょう!

というものではありません。

その油がどんな組成で体にどんな働きや作用をするのかを知ると

自分により適したものが見つかると思います。

だから勉強は面白いのですね〜^^