ハワイの大自然が気付かせてくれた、人生において大切なもの


こんにちは。

憧れ美ボディは峰不二子ちゃんことAyane(@ayane_kurokawa)です。

5月中旬に万季さんFamilyに

Hawaiiへ1週間ほど招待していただきお仕事を兼ね行ってまいりました。

あのリラックスした空気感と、

青空や夕日に秘められたパワーの恩恵のお陰もあり

私自身にとって多き気付きがありましたので

今日は皆さまにシェアしたいと思います。

是非、お付き合いくださいませ。



気付きがもたらす人生の深み


『ひとりでは生きていけない』

ある日の早朝、ハワイの水中で聞こえてきた

とっても不思議な今もなお心に残るこのメッセージ。

気が付けば東京での生活も7年が経ち、

過去のキャリアのおかげもあり、

ある程度一人で暮らしていくには

何不自由ない生活を送れるようになっていました。

”経済的自立”

これは私が上京してきた時に自分とした約束の一つ。

税金や保険、家賃などの毎月の生活費を自分の生計で立てる。

それを継続し、+α自分にも人にも余裕を持って

接することが出来るくらいの自分になる。

(これは、大人になると当たり前のことですが、

当時の私にはできていない部分でした:涙)

しかし、この自分との約束を達成し始めた頃から

次第に誰にも甘えられない自分も出来上がっていたのです。

経済的に自立することはとても大切なこと

この考えは、今も変わらず私の中にあり続けます。

自由に使えるお金があることで

自分も周りも幸せを感じるための時間や

物質的なものの共有ができたり、何か知識を学び得る際に、

今手元にいくらお金があるかによって

その選択肢が大きく変わってくるからです。

しかしそれが強く出すぎてしまったり、

間違った方向へ行ってしまうと、どうでしょう。

自分の信念(自分との約束)を押し通すばかりに

しなやかさや柔軟性に欠け、ピンっと張り詰めた太い太い糸のような

そんな自分になっていたのです。

まるで”鋼の心”とでもいうのでしょうか・・

『本当は悲しいのに頼れない。』

『自分だけでどうにかしようと意固地になる。』

『迷惑をかけてしまうかもしれない、

 と考えすぎ弱みを見せられない。』


”頼りたいのに頼れない”

そんな状況を勝手に作り上げてしまったことによって

周りが見えなくなり本音を隠し無理をする中で、

本来の自分とはかけ離れた現実が出来上がっていました。

そんな時に、

今の私がいるのは周りが支えてくれているから

と半場、無理やりのように

頼らざるをおえない状況が目の前に現れたのです。

心に纏わりついた太く硬い意固地な自分を手放し、

時には周りを信頼し頼り、弱みを見せ

今の自分をステップアップさせるための人生の糧にしていきなさい。

とでもいうような厳しくも優しい

神様からのメッセージのような出来事。


日本にいると悲しみと迷いで靄がかかり、

まだハッキリと落ちてこなかったこの感覚が

非日常的に過ごすハワイでの時間や

自然のエネルギーを感じとてもクリアになったのです。




ハワイアンから学ぶ
Happyマインド


皆さまもご存知の通り、

現地のハワイの方々の生活は自然とともに

調和することで成り立っています。

朝早く起き日の出とともにウォーキングをしたり

人や動物も海に潜り水浴びをしたり

鳥や虫たちも生活の一部に存在している・・

そんな風景が当たり前の毎日。

変な肩肘を張らず見栄やプライドなどとは無縁の

ナチュラルな空気感や笑顔。

だからといって気随気儘な立ち振る舞いではなく、

相手も自分も大切にする姿勢。

中にはそうでない方もいるかもしれませんが

全体の空気感として感じた独特の感覚でした。

自然との共存は優しいだけではありません。

時に残酷で人間には到底敵うことのないエネルギーとパワー。

しかし突然降りだすスコールのような雨の後には、

大きな虹がかかり自然と人々が笑顔になる。

愛する家族や恋人と過ごすサンセットの時間が

心にリラックスを与えている。

自分と相手

自分と自然

この世界は自分一人で回っているのではなく

必ずしも誰か(何か)の支えがあり共存できている。

同時に何かが欠けてると成り立たない。


ハワイの方々は無意識化で

自分ではコントロールできないものの存在や

人間の本来の可能性と無力さのどちらも知り、

受け入れることで自然と感謝や敬意が芽生えているのかもしれませんね。



私は周りに支えられ
そして活かされている


私の中で万季さん含め、

BHCLの皆の存在や今のこの環境は有難く、

そしてかけがえのないもの♡


ひとりではできない経験を

みんながいることで経験し共有できる。

私はBHCLの一部分であり、

BHCLも私の一部分である。

その時々で太陽(メイン)と月(サブ)の役割があり

その違いや状況を楽しめばいい。

常に変わりゆく時代や考えに縛られず

柔軟にしなやかに。

その中で個々に自立し、支え合う。

しかし、そんな大切な人やものも

必ずしも永遠ではなくいつか終わりが来ることもある。

その”曖昧” で ”不確実”なものに対しての恐れを手放し

受け入れることができれば、

相手や環境に対しての敬意や感謝が芽生え

より大切にしようと、心に強く思うのかもしれません。

私にとってBHCLとはそんな場所であり、

相手も自分も思い遣る気持ちが

何かを生み出す大きなパワーへと変わっていく

大切なことに気付かされたHawaiiでの学び。


素敵な時間と経験を提供して下さった万季さん、

また万季さんFamilyやBHCLの皆さまありがとうございました。

そしていつもお読みいただきありがとうございます。

 


@kitchari_cleanse


@diet.naturallife


@bhcl_store