1月21日は獅子座満月。自身の才能に気づき、プロデュースしよう。


こんにちは。

健康で美しくなれる

ナチュラルフードをこよなく愛する

工藤万季(@makikudooo)です。

 

明日、1月21日、14時16分、

獅子座の位置で満月を迎えます。

今回の獅子座満月は、2019年を決定づける!

と言っても過言ではない、重要な満月になります。

この満月の意味や影響を知った上で意識して過ごすことで

始まったばかりのこの1年が最高の年になるかもしれません。

 

それでは今回の満月のキーワードや、

過ごし方などについてご紹介していきます。

 


獅子座満月のキーワード


https://weheartit.com/

獅子座のキーワードは

「自己表現」

「創造性」

「熱い恋愛」

「遊び」

「主役級の輝き」

などがあり、太陽を支配星にもつ「自己主張」の星座。

言い換えるとズバリ、

「自分が追い求める自分の姿」です。

 

特に今回の月食を伴う満月では、

あなたがなりたい自分になるための決定的なタイミングであり、

自分の個性や生まれもった才能をどのように表現して

他者と繋がっていくのかがポイントとなります。

 

自分で自分をプロデュースするとしたら

どういう自分に表現したいか?

2019年の私はこんな自分になりたい!!

という理想の自分像を具体的に書き出してみると良いでしょう。

 


1年に1度の幸運のチャンス到来


https://weheartit.com/

今月の獅子座満月は、2018年11月から5回連続で

0度の位置で満月が起きるうち3度目の0度満月とお伝えしました。

これは満月のパワーが最上級の時です。

 

さらには木星と金星のコンジャンクションも大きく影響します。

大吉星である木星、小吉星である金星。

この大吉星と小吉星が重なるという

1年に1度のラッキーなタイミングなのです。

さらに今回は、木星のホームグラウンドである射手座で

金星とコンジャンクションすることで

さらにエネルギッシュなものになります。

 


自己を明確にすることで

金運アップにも?


https://weheartit.com/

今月の獅子座満月は

「所有」や「お金」など経済を司る第2ハウスで起こります。

第2ハウスは目に見える物質やお金を司ると同時に、

あなた自身がこれまで培ってきた経験や能力も含まれます。

あなたがこの世界で自信を持って生きていくためにも、

自身の財産となる能力や経験を振り返ることで、

その武器を活かして輝いていくことができるようになるでしょう。

 

 

もちろんここで与えられる獅子座のパワーは、

金運アップにも繋がっていきます。

最初にお伝えした今回の獅子座満月のテーマに沿った

自己の表現を大切にしましょう。

 

「こんなことを仕事にしていきたい!」

「こんな才能や個性を発揮して人の役に立ちたい」

という様に自分というものを堂々とはっきり表現していくことで、

それがやがて仕事や収入に繋がるかもしれません。

 


獅子座満月で

意識しておきたいこと


では最後にこの獅子座満月で

やっておきたいことや、

意識しておきたいことをピックアップします。

 

①自分らしさを意識する

獅子座は「自己主張」の星座です。

これはあなたが自分らしさを主張するタイミングでもあります。

0度の位置でおきる満月は”誕生”も意味します。

あなたが本当の自分らしさについて考え、

明確にすることで現実となりやす位でしょう。

ここで大切なのは、主観の星座である獅子座なので

周りのことは気にしないこと。

 

②自分自身を褒めてあげる

普段自分のことを褒めることなんて少ないかもしれません。

でもこの獅子座満月では自分の魅力や才能を認め、

思いっきり褒めてあげてみてください。

ここでも周りがどう思っているかなんて考えず、

心から肯定してあげてくださいね♡

 

③これまでのプライドを手放す

これまでの自分のキャリアや収入、固定概念に捉われず、

古い思考を手放しましょう。

余計なプライドやコンプレックスなどを含めて、

自己肯定感の低さなどを手放すタイミングにも最適です。

そうして自分らしく輝くということをイメージしていきましょう。

 

 

エネルギーに満ちたこの獅子座満月のパワーを

生かすも殺すもあなた次第です。

あいにく月食は日中なので観測できませんが、

明日の夜の満月はとても光り輝いていると思うので、

ぜひ夜は空を眺めながら自分と向き合ってみてください^^

 

 

 


「代謝アップレシピで無理なく、一生スリムな私♡」

のレシピ動画販売中!

詳しくはこちらから。