知っておきたい旬野菜のいいところ。


こんにちは工藤(@makikudooo)です。

その土地の旬のものを食べましょう。とよく聞きますが本当にその通り。
旬のものは本当に素晴らしい。

*栄養価が高く、おいしい

*安い

*味がよいので、素材の味を楽しめる

*シンプルな栽培なので農薬が少ない

*国産のものが多い。安心

いいことづくし。

 

季節ごとに見ていきます。

春の旬食材と言えば何でしょう。

imgres

http://www.oyado-furuya.jp/blog/log/eid52.html

 

ふきのとうやたらの芽、セリなどの山菜など苦味があるものが旬ですね。

薬も苦いですよね。それと同じ。苦味があるものは解読作用があります。

冬に貯まった毒素、脂肪、塩分を排出してくれます。

皆さんも大好きな「デトックス」この効果大。

パンチャカルマもこの時期に行なうことがいいとされています。

春野菜を使ったキッチャリークレンジングは最高のデトックスです。

 

 

 

夏はキュウリ、茄子、トマト、メロン、スイカetc,,,

E1372987162113_1

 

http://mama.woman.excite.co.jp/editors/backnumber/E1372987162113/

水分やカリウムを多く含み、夏の暑さでほってた体を冷ましてくれます。

しかし、

最近の夏は、エアコンの効き過ぎや冷たいものの摂り過ぎで冷えている人が多いので気をつけましょう。

冷えは大敵。

また、見ての通り夏野菜は栄養たっぷりの色の濃いものがたくさん。

紫外線や暑さのストレスで栄養がたくさん使われるのでこれらで補っていきます。

 

 

秋はレンコン、サツマイモ、銀杏、きのこetc,,,

dv158_l

秋は美味しいものがたくさんありますね。食欲の秋。

夏の太陽をたっぷり浴びた食材は栄養価も高いと言われています。

夏に消耗したエネルギーを蓄えたり、弱った内蔵を整えてくれる効果が。

 

 

そして、冬。

fuyuyasai

http://www.repica.jp/shokudou/?p=2292

白菜、大根、かぶetc,,,

冬野菜は体を温めてくれる効果があります。

 

このように旬のものは季節に起こる体の変化を調整し、元気で健康な体に導いてくれるのです。

栄養価も旬のものが1番。

スーパーでは迷わず旬な野菜を買い、外食でも旬なものを食べるように心がけましょう。

迷ったら「旬のものを。」

野菜も魚もフルーツも旬のものを選び、季節、味ともに楽しみましょう。

 

 

気をつけてほしいのは冬に夏のフルーツや野菜を食べ過ぎること。

そうすることで、体は冷えてしまいます。

最近は当たり前になっていますが、南国のフルーツがたくさんありますね。

superthumb-1

large-1

 

http://weheartit.com/dashboard

しかし、これを冬に食べ過ぎると冷えてしまうので冷え性の方は特に気をつけましょう。

 

今ではたくさんの情報が流れ、流行するとその食材、食品がなくなるほどに。。。

そういったものに惑わされずシンプルに食材を選んでいくことが1番です。

 

 

 

 

フードセラピスト/ヨガインストラクター

工藤万季


Leave A Comment

Your email address will not be published.