日本の財産、和食を食べて美しく健康になりましょう。


こんにちは。

健康で美しくなれるナチュラルフードをこよなく愛する工藤万季(@makikudooo)です。

 

週末、街中を歩いている時にふと思いました。

辺りを見回すと本当に色んな国のごはん屋さんがあるなぁと。

イタリアン、中華、フレンチ・・・何でもありますよね。

私も外食で様々な料理を食べますし、海外では現地の料理を味わいます。

もちろん、家ではスパイスを使った

アーユルヴェーダ料理を作ったりもしますし、大好き❤

でもやっぱり和食が好き❤❤

 

私たち日本人には欠かせない和食は健康にもとても大事なものなんですよ。

欧米など異文化の料理に偏りがちな方は、改めて和食の偉大さに気付きましょう。

 


美味しく美しく健康的な和食無形文化遺産にも。


img_8057.jpg

http://weheartit.com/

日本人にとっては当たり前にある和食。

 

2013年12月「和食・日本の伝統的な食文化」は、

世界無形文化遺産の食文化としては

「フランスの美食術」、「メキシコの伝統料理」、

「地中海の食事」「トルコの伝統料理ケシケキ」に次いで、

世界5番目にユネスコの無形文化遺産にも登録されました。

健康的な食事スタイルとして世界的注目を浴び世界一の長寿食として

医学的にも注目され、世界的にもヘルシーフードとして人気が高まっています。

 

日本だけでなく世界で支持されている和食。

まさに日本人としても誇りですよね♪

 


和食の良さって?なぜ世界から注目されているのか?


madoka_image1-500x375

http://kazoku-no-atelier.com/

和食がなぜそんなにも支持されて注目を浴びているのでしょうか?

それには和食の素晴らしい特徴があるからです。

 

①四季・旬

和食の最大の特徴は、季節感です。

食事で、自然の美しさや四季の移り変わりを表現出来ることが魅力のひとつです。

季節の花や葉などで料理を飾りつけたり、

季節に合った調度品や器を利用したりして、季節感を楽しみます。

米、野菜、果物、魚介などの食材には色彩・風味・旨み・栄養価が

最も充実している季節(旬)があり、その時季に食べています。

このように和食は四季がある日本だからこそ成立した「食べ頃の文化」なのです。

日本人は約1万年前の縄文時代から、

その季節にしか巡り合えない食材を心待ちにし、

旬の食材を喜んでいただくことで、その食材の持つ力を最大限に摂り込んできました。

私たちが受け継いできた和食とは、そうした祖先の「知恵の集大成」とも言えるでしょう。

 

 

②一汁三菜

旬を集めた和食の基本は

「一汁三菜」です。

一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは、理想的な栄養バランスと言われています。

また、うま味を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食事が摂り入れられ、

日本人の長寿や肥満防止に繋がっているとも言われています。

主食は「ご飯」で、一汁は汁物、三菜は、魚系の「主菜」、

魚系または野菜系の「副菜」、野菜系または大豆系の「副々菜」という三品のおかずです。

主菜から動物性タンパク質を摂り、汁物と副菜と副々菜からは各種のビタミンや食物繊維などを、

香の物でビタミンB1や乳酸菌などの老化予防に欠かせない抗酸化物質を摂る事が出来ます。

1日に1食でも一汁三菜の食事をすることで栄養をバランスよく摂取できます。

 

 

③発酵食品

和食の味付けで最も大きな働きをしているのが、

味噌、しょう油、酢、みりん、日本酒などを使った発酵食品です。

これらの他にも塩麹、納豆、ぬか漬けなど日本は発酵食品が豊富!

 

発酵食品とは、微生物の力で発酵した食品で、

消化能力や免疫力を高めたり、血行や排泄を促進する生きた酵素に富んでいます。

高温多湿な日本の気候風土が、和食のベースとなる多彩な発酵食品を生み出したのです。

特に米食民族にとって、炭水化物の消化促進のためにも酵素は不可欠なんです。

人の体内でも活性酸素を除去する酵素がつくられますが、

加齢と共にその生成力が衰え、体内から減っていきます。

また、酵素は熱に弱いので、加熱によって壊れてしまいます。

その一方、和食は加熱しない料理が多く、

生きた酵素が豊富に含まれているので、

和食を食べると自然と酵素を補給されるのです。

 

以前、料理教室で和食のイベントをした際にも発酵食品の素晴らしさを学びました。

「発酵食で腸内美人〜身と心を調える〜」

 

 

④うま味

甘い、辛い、酸っぱい、苦いといった味に加えて、

フランス料理や中国料理では、味を濃厚に為にのに、

肉などの動物性タンパク質や脂肪を多く用います。

しかし和食は昆布やかつお節といったダシのうまみを利用するので、

カロリー摂取も抑えられ、肥満や心臓病予防にもなります。

 

 

このように和食は素材本来の美味しさを味わえる繊細な料理だからこそ

身体にとっても嬉しいものなのかもしれませんね♪

 

 


和食へのこだわり、手間ひまをかけた出汁。


ph_pg01_01

https://iemo.jp/

私の和食が好きな理由はまず、

素材の味を十分に引き立てられるから。

その中でもこだわりは出汁!!

出汁とほんの少しの塩やしょうゆ、梅干し(おばあちゃんの手作り❤)などで、

十分美味しいスープが作れます。

昆布、鰹節、シジミから取った出汁をベースに、

煮物、炒め煮なども作ります。

 

だから毎週でっか~いお鍋に出汁を取りストック。

これ私の和食習慣❤

 

出汁に使用する昆布にはグルタミン酸、鰹節にはイノシン酸が含まれています。

グルタミン酸とイノシン酸は非常に好相性で、

これらのうま味を摂取すると心地よさを覚えるため、ヒーリング効果も期待できるとか。

さらに、鰹節にはトリプトファンという必須アミノ酸も含まれており、

幸せホルモンといわれる脳の神経伝達物質セロトニンの原料になるため、

不眠やうつ気味の人にも有益と言われています。

だから出汁の効いたお味噌汁を食べるだけで心がホッとするのかな??❤(私だけ?笑)

 


和食のこだわり、何よりお米!!


1fecc0132ad195dfbeb3c8692dc5aac6cfba93e8

https://kinarino.jp/

和食で美味しいものと言えばやっぱりお米。

メインで食べる穀物はご飯が1番。

 

私は玄米、胚芽米、白米それぞれの食べ方にはこだわりがあり、

特に消化を重視して食べています。

玄米→胚芽米→白米の順に消化が悪いので、

消化の悪い玄米は炊き方から考えます。

美味しく消化に良い玄米の食べ方、

それが酵素玄米

胚芽米は玄米よりもクセがないので玄米に抵抗のある方にもおすすめ^^

 

そして白米は、消化が重めな食材の時や身体が疲れているなぁと感じる時に。

あとはやっぱり白米は美味しいから❤

周りから玄米しか食べないと思われていますが、たまに食べますよ~♪

 


和食をあなたの食生活に取り入れましょう。

img_1538

 

朝はパンにコーヒー、昼はパスタ、夜はハンバーグ。

また、コンビニで手軽に済ませてしまう。

そんな食生活も現代では当たり前のようになっているかもしれません。

でもせっかく日本に生まれたのなら、日本の素晴らしい文化、和食を取り入れましょう。

おいしくて健康的な和食が食べられるというのは、

日本で生まれ育った日本人ならではの特権です。

極端な食事制限や無理なダイエットをする前に、

日本の伝統的な和食に今一度目を向けてみてはいかがでしょうか?

 

次回は、美味しい和食が食べられるお店をご紹介しますね❤

私はそこへ行って和食の良さをより感じたなぁ・・♪

それではお楽しみに^^

 

 

 


SNSキャンペーン実施中!!

img_7874.jpg

キッチャリークレンズをご注文頂き、SNSでUPして下さった方には、

特別なプレゼントを進呈・・❤︎❤︎

詳しくはこちら

 

◆BHCL FAMILY募集中◆

BHCL WEBサイトでライターとして記事を書いてみませんか?

アーユルヴェーダ、ヨガ、食事などの情報を

美と健康に意識的な生活を一緒に提供してくれる

BHCL FAMILYを募集しています。

ライターとして、あなたの経験や活動をここで発信する場にもなるかも・・♪

※文章を書くのが好きでパソコンスキルは必須とさせて頂きます。

 

【応募方法】

名前、住所、年齢、ご自身の写真、職歴、資格、自己PRをご記入の上、

info@bhcl.jpまでメールをお送り下さい。

選考の上、通過者にはこちらからご連絡させて頂きます。

 

一緒にビューティーヘルスコンシャスライフの輪を広げて行きましょう❤︎

 


 


mailmagzin

 

健康で美しくいられるビューティヘルスコンシャスライフ

10の秘訣

無料メルマガ

登録してね♪