これで丸分かり!!甘味の本物と偽物の見分け方。


こんにちは。

健康で美しくなれる

ナチュラルフードをこよなく愛する

工藤万季(@makikudooo)です。

 

さて、前回の甘味のお話の続きを。

この前は効率よくエネルギーに換える

オススメの糖をご紹介しました。

 

その中でポイント、

「本物を選ぶこと」

 

はて?本物とは何ぞや??

と思う方、この記事をご覧になってください。

これで本物と偽物の違いと

見分け方が分かるはずです!!

 

前回の記事でご紹介したものの中から

ハチミツ、メープルシロップ、黒糖の3種類の

本物の選び方を教えちゃいます。

 


本物のハチミツの見分け方


large (3)

http://weheartit.com/

ハチミツはミツバチが集めてくる

花の種類によって色や味が違います。

そして加工処理によって

3つのタイプに分けることができます。

 

1、純粋ハチミツ

加熱など一切加工処理をしない

天然そのままのハチミツ。

 

2、加糖ハチミツ

ハチミツに水あめやブドウ糖、

ショ糖などが人為的に加えられたもの。

3、精製ハチミツ

加熱や減圧窯などでハチミツを

脱色や脱臭などして作られたもの。

 

この3つの中でどれが良いかはもうお分かりですよね?

1の純粋ハチミツです。

純粋ハチミツはミツバチが採ってきた

花の蜜を巣の中に運んで、

ハチミツの水分を蒸発させるために

羽ばたき続けて濃縮させてできたものです。

 

逆に加糖ハチミツや精製ハチミツは

人工的に手が加えられています。

 

加糖ハチミツは水あめなどが加えられたものですが

ハチミツよりも水あめなどの方が安いので

原価を抑えるために加糖されて

ほとんどが水あめでハチミツは

ごくわずかなものもあるようです。

 

本来、ハチミツは加熱処理をしなくても

衛生上問題もなく、防腐剤を入れなくても

長期保存が可能です。

しかし精製ハチミツは本来加熱の必要がない

ハチミツをあえて加熱して作られます。

 

なぜかと言うと、ミツバチが羽ばたいて

水分を蒸発させるのには時間がかかる為、

生産効率を上げるには高温で加熱した方が

時間が短縮できるからです。

 

ハチミツは、約60℃ほどで栄養素などが

壊れてしまうと言われているので、

精製はちみつも加糖はちみつも、

はちみつ本来の栄養素は

なくなっていると言えるでしょう。

 

このことから純粋以外のハチミツは

「はちみつ風の甘味料」ということがほとんど。

 

しかし最近は純粋ハチミツの中にも

加熱処理をして濃度を高めたり、

人工甘味料を混ぜ込んで水増しした物も

売られている場合があります。

 

では純粋ハチミツの中から本物を見極める方法とは?

3点ポイントがあります。

 

①透明度が低く、濁っているか

本物のハチミツは花粉などが含まれていて、

ぼんやりした感じがするので、前方が透けて見えません。

 

②逆さまにすると泡が立つ。

本物には色々な酵素が含まれているので、

瓶を逆さにした時、細かな泡が立つ傾向があります。

瓶の中でハチミツが発酵を続けている証拠です。

 

 

③白く結晶化しているか。

本物のハチミツは温度を下げると

結晶化して固くなる傾向があります。

これは砂糖が混ざっているのではなく、

ハチミツの中に含まれている

ブドウ糖が低温になることで発生します。

 

まとめると・・

☆純粋ハチミツである

☆透明度が低い

☆逆さまにすると泡が立つ

☆結晶化している

 

 


本物のメープルシロップの見分け方


large (4)

http://weheartit.com/

そもそも皆さん、メープルシロップって

何か知っていますか?

 

メープルシロップは、

カエデの樹液を煮詰めたもので

添加物などが一切含まれていない

自然の甘味料です。

 

カナダのケベック州が最大の生産地で、

他にその周辺の州やアメリカの一部でしか採れません。

また収穫時期も非常に短く、なんと2週間前後だそう!

1本のカエデの木から採れる量も決まっていて

40ℓの樹液から1ℓしか作れないことなどから、

とても貴重な天然の甘味料なんです。

 

なので安い値段のものは、

樹液の風味を科学的に作られた香料で誤魔化した

「メープルシロップもどき」です。

 

まずメープルシロップを選ぶ時には、

添加物や着色料、香料が含まれていない

100%楓の樹液だけを使ったものを選びましょう。

 

ちなみにメープルシロップは、

2週間の間に色が変わり、その味わいも変化します。

透過度によって等級が決められており、

2017年からは「 等級 」 と 「 味 」 の表記が

されるようになっています。

about_img4-2

https://www.pure-maple.com/

色が薄いもののほうが高級品と言われているようですが

風味で好みもあるようなので一概には言えないそうです。

 

まとめると・・

☆添加物や着色料、香料不使用

☆100%純粋な楓から作られている

☆原産国がカナダのもの

※英語やフランス語で

「PRODUCT OF CANADA」

「PRODUIT DU CANADA」

と表記されているもの

 

 

 


本物の黒糖の見分け方


kokutou-eiyou

http://weheartit.com/

黒砂糖というのはサトウキビから作られた天然の甘味。

しかし黒砂糖にも「黒糖」と「加工黒糖」があります。

 

1、黒糖

サトウキビの茎の絞り汁を加熱し、

水分を蒸発させて濃縮したものを

冷やし固めて作られる完全に天然の糖です。

 

2、加工黒糖

黒糖に蔗糖、糖蜜などを加えて成分を調整したもの、

または粗糖に糖蜜を混ぜたものです。

しかし、加工黒糖は多く流通している事もあり、

誤認を避けるため2012年からは

「黒砂糖」や「黒糖」と商品表示ができるのは、

サトウキビの搾り汁を使った商品のみになりました。

 

やはり食べ比べると全く違います。

100%ナチュラルな黒糖は

コクがありスッキリとした味わいですよ♪

 

 

まとめると・・

☆100%サトウキビが原料のもの

☆表記が黒糖となっているもの

(加工黒糖でないもの)

 


 

いかがでしょうか?

この3種類の甘味でも

本物とそうでないものにはかなりの差があります。

 

今、家にあるものを

チェックしてみるのもいいでしょう。

どれだけ本物を口にしているのでしょうか?

 

また買い物をする際には

パッケージデザインや値段だけじゃなく

裏の品質表示を意識してみましょう!

 

 

最後にこれらの甘味をはじめ、

調味料など、様々な食品は良い物でも

お気に入りを3つ常備しておくのがオススメ♪

 

良いものでも毒性がゼロとは言えないし、

過剰になったり偏ると結局は

バランスが良くなかったりするからです。

それぞれが持っている良いところも毒性も

分散させるってことですね。

 

こういった考えも学ぶことで

理解できるようになってきました。

最近は、代替医療師Vanillaさんから

色々勉強しているところです。

 

少しずつですが新たな学びもあれば

これまでの学びが結びつき、

より深くなってきています。

 

色々分かってくると

これがまた楽しいんです(笑)!!

 

学生時代よりも勉強に熱心な私・・(笑)

 

という事で、これからも

自分の経験と学びを皆さんにも

伝えていき、自然に沿ったライフスタイルの素晴らしさを

共有する仲間を増やして行きたいと思ってます♡

 

 

 


SNSキャンペーン実施中!!

img_2917.jpg

キッチャリークレンズをご注文頂き、SNSでUPして下さった方には、

特別なプレゼントを進呈・・❤︎❤︎

詳しくはこちら

 

◆お悩みQ&A受付中◆

食事、健康、生き方etc

あなたの相談やお悩みに

お答えします!!

 

《応募方法》

性別、年齢、職業、質問、

相談内容をご記入の上、

bhcl@mail.zaq.jpまでメールをお送り下さい。

 

 

◆キッチャリークレンズ営業◆

◆BHCLイベントプランナー◆

募集中!!

 

BHCLで活躍のチャンス!

やりたいことを形にしませんか?

 

【応募方法】

メール(bhcl@mail.zaq.jp

にて履歴書の内容、

自己PR、写真をお送りください。

選考後、通過者にはこちらから

ご連絡させて頂きます。

 

詳しくはコチラをご覧ください。

 

 

 

一緒にビューティーヘルスコンシャスライフの

輪を広げて行きましょう❤︎

 



 

LINE@で美しく健康でいられる秘訣をお届けしています♪

ぜひ友達追加してくださいね♡

友だち追加

ダウンロード